キム・ミョンガン
性人類学者。
1950年、神戸生まれ。
‘75年から‘89年まで、京都精華大学にて文化人類学と韓国語の講師を務める傍ら、性について独自の研究を重ね、「性人類学」という独自の分野を開拓する。
‘90年より、『週刊ビッグコミックスピリッツ』『ポパイ』などで、愛と性に関する問題について執筆を開始。若者を中心に圧倒的な支持を集める。
‘99年、性に関する教育と相談を行う、「相談所 せい」を設立。男女年齢を問わず、さまざまな性の問題に悩む人々の相談に応じている。その過程で、セックスレスや不感症などに悩む女性たちの心を、いかにして癒すかを探り、性生活や人生相談、セックスのボランティアを行う『せい奉仕隊』を結成。日本よりもむしろアメリカのCAテレビ局や、オランダの国営放送など、海外メディアに取り上げられ、大きな反響を呼ぶ。
生物学、動物行動学、文化人類学、社会学と、あらゆる分野にまたがり、“性”という人類最大の秘密を解き明かす手法には定評がある。また、理論のみならず、実践的なセックスも研究し、心身のつながりを重視したセックスを提唱している。さらに、大人の性だけでなく、児童・生徒への性教育についても積極的に取り組んでいる。